【10年前の写ルンですで検証】昔のネガで現像・撮影するとどうなるのか

【10年前の写ルンですで検証】昔のネガで現像・撮影するとどうなるのか

実家の引き出しから出てきた古い写ルンです

そういえば、実家に購入したネガフィルムが何本かあったなぁと思い、漁っていると高校時代に購入した写ルンですを発見しました。

10年前の写ルンです
10年前の写ルンです

 

見つけるまで完全に存在を忘れており、何を撮ったのかも定かではありません。

使用期限は2010年6月。

今が2019年なので、中に収められているネガは10~11年前のものだと推測されます。

感度は1600。室内撮影向けの写ルンです です。

高感度ISO1600フィルムを搭載し、シャッタースピードを1/200秒に高速化!
さらに手ブレ、被写体ブレに強くなりました。

写ルンです1600 Hi・Speedの説明を読むとこう書いてあります。

高感度のフィルムを内蔵し、シャッタースピードを上げたモデルのようです。

富士フィルムの公式サイトに掲載されているカメラの写真と少し違うので亜種でしょうか。

そういえば感度1600のフィルムと言えばナチュラが廃盤になってしまいましたね。

続いて感度800のビーナスも出荷停止とのことで、高感度のフィルムはだんだん選択肢が少なくなっていて悲しいです。だんだんと400くらいで高感度と言われていた時代に逆戻りしていくのでしょうか。

FUJIFILM カラーネガフイルム フジカラー SUPERIA Venus 800 36枚撮り 単品135 VNS 800-S 36EX 1
富士フイルム
売り上げランキング: 98,955

10年の時を経ても電池は切れておらず、フラッシュは使用可能でした。

フィルムカメラって撮影結果をすぐ確認できないので、ついついフラッシュ焚くの忘れてしまうんですよね!

10年前の写ルンですに入っていた写真の中身は

現像はネットで行いました。

思っていたよりも問題なくスムーズに現像→返却。

果たして10年前のネガフィルムは現像できているのか?

これはアレですね。

高校の卒業式のときの写真。

若干画質が劣化しているようにも見えますが、光量不足かネガの劣化が原因かはわかりません。

これは屋外で撮影されたものです。

だとすると、この画質の粗さはネガの劣化が原因でしょう。

ただ、複数あるコマのうちで、このコマのみが大幅に劣化していたので、劣化具合にはムラがあるようです。

もう一点、このカメラは27枚撮りなのに返却されたデータは25枚。

ネガを確認するとチャージしてある箇所のネガにはデータが残っていませんでした。

 

私自身、他人の写真はたくさん撮っていますが、自分の写真は殆ど残っていないので、こういう形で過去の写真が出てくると嬉しいですね!

学生のときは自分の写真なんていらないと思っていましたから。

10年前の写ルンですで写真は撮れるのか

引き出しから出てきた写ルンです。

撮りきっておらず数枚写真が取れる状態でした。

ついでなので撮りきってから現像に出そうという事で、いろんなところに連れて行ってみました。

 

これは8月に行った火打山の時の写真です。

コマが乱れたり、画像に縦線入っていますが、撮影自体は問題なくできています。

むしろ若干、味がある感じ。

 

 

これは最後のコマで総火演に行ったときに撮影したものです。

大幅に露出オーバーですね。

写ルンですなので絞り値やシャッタースピードは変わらない、上下2つの写真とも晴天時に撮影されたものなので、フィルムの劣化が原因でしょう。

結論 意外と問題なかった

10年前の写ルンですでも現像や撮影が可能なことがわかりました。

これはこれで味があります。

家に現像していない写ルンですがある方は、現像に出してみれば面白いかもしれません。

ネットで現像に出せば安く抑えられます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カラーネガフィルムを現像+CD書込み【フィルムで撮ってデータにする】
価格:420円(税込、送料別) (2019/9/30時点)

楽天で購入

 

 

写ルンです以外にも期限切れのフィルムが何本か出てきたので、機会があったら撮影してみたいですね。

 

 

フィルムカメラカテゴリの最新記事