フィルムカメラで綴る上田駅から徒歩15分圏内のおすすめカフェ【Cafe bosso・ルヴァン・コトバヤ・SoinCafe】

フィルムカメラで綴る上田駅から徒歩15分圏内のおすすめカフェ【Cafe bosso・ルヴァン・コトバヤ・SoinCafe】

フィルムカメラにネガフィルムを詰めて上田市のカフェ巡り

私は長野県で言うと松本市周辺を生活拠点にしています。

長野県は連邦国家と言われるほど、各拠点都市間の文化圏や生活圏が違います。

例えば、大都市圏に出るのにも、

松本→山梨→新宿

上田→埼玉→池袋・東京

飯田→名古屋

といったように、同じ県民間でも都会に出る際の玄関口が違います。

今まで、上田市には何回か訪れていましたが、上田城と別所温泉だけ見て、松本のほうが見るところあるなぁと漠然と思っていました。

しかし、ちょっと奥に入ると結構、雰囲気のいいお店や路地が点在していたので紹介してみたくなった次第です。(ついでに新しいレンズの試し撮りも兼ねて…掲載している写真はフィルムカメラで撮ったものです。

ちなみに私は冬でもアイスコーヒーを飲んでいる人間です。

Cafe bosso 青い壁が特徴の爽やかなカフェ

上田駅前の大通りの坂を5分ほど登っていくと、爽やかな青い壁のカフェがあります。

青色の壁というと目立ちそうですが、不思議と周囲と調和しているため、溶け込んでいます。

こちらはお昼時に訪れたので、サンドイッチを注文しました。

自分の中でサンドイッチのイメージはコンビニのピタピタの薄いやつのイメージなので、注文してでてきた具がぎっしり詰まったサンドイッチにはとても満足。

もちろん、ドリンクはアイスコーヒーを頼みました。

普段はブラックを頼むのですが、写真映えするかなーとミルクを垂らしてみました。

慣れないマニュアルカメラのピントと露出合わせに苦戦していると、微妙な感じに。

アイスコーヒーはとても美味しかったです。



ルヴァン フランス語で天然酵母の意味らしい…

店内で飲食もできるそうですが、訪れた時間が遅かったためパンだけ購入させていただきました。

写真が明るいのは、現像所のおばさんが親切心で明るく調整してくれたためです。

ルヴァンのある柳町は、文字通り等間隔に柳が植わっており、情緒ある長屋のお店が立ち並ぶとても雰囲気の良い通りです。

ルヴァン上田店のブログです。

訪れたときは終わり際だったので、そんなにパンの種類はなかった記憶がありますが、ブログを読むと季節の菓子パンとか色々試行錯誤されたパンも売っているようです。

もっと早い時間に行けばよかった…


コトバヤ 本と珈琲のお店

コトバヤも柳町からほど近い立地にあります。

ブックカフェというスタイルでしょうか。

本を売りにしているだけあって店内には、数多くの本が並びます。

本を探すのも楽しいですが、コトバヤさんは結構、雑貨の種類も豊富だったりします。

店内を見ていると意外なものに値札がついていたり。

ちなみにいつもブログで物撮りをしている台もここで購入させていただきました。

奥で雑貨に埋もれていて…1,000円くらいだったかな。

LOMO100とモノ撮り台

 

ほんとに買って大丈夫かと心配していただきましたが、立派に役に立っています。

ここでもアイスコーヒーを注文。

閉店ギリギリ(いやもしかしたら微妙に過ぎていたかも…)にも関わらず快く対応していただきました。


soin café 本格的な料理を楽しめるカフェ

駅前から続く、大通り沿いにあるカフェです。

上の写真の看板を見ていただければお分かりになるかと思いますが、今回紹介したカフェの中では一番遅い時間までやっています。

金土日祝は23時まで!

こんなに遅くまでやっているカフェは珍しいのではないでしょうか。

カフェってだいたい夕方に閉まるところが多いので、仕事終わりに立ち寄りことができるのって嬉しいですよね。

遅くまで営業しているので、ディナーメニューも充実しています。

主なメニューはパスタやガレットです。

お腹が減って、ちゃんとした夕飯が食べたいときにもおすすめです。

店員さんが、黒板に書かれたメニューを持ってきてくれます。

店の隣の駐車場は狭いですが、道を挟んで向かい側にも駐車可能なようです。

我ながらここでもアイスコーヒーを頼んでいますね笑

 

 

 

フィルムカメラカテゴリの最新記事