【ソロキャンプに最適】モンベル ステラリッジテントのレビュー

【ソロキャンプに最適】モンベル ステラリッジテントのレビュー

【ソロキャンプに最適】モンベルステラリッジテントのレビュー

モンベルのテントはテント場に行けば見かけないことがないほど、オーソドックスなモデルである。

私の知人は紅葉の土日に涸沢に行き、夜トイレに出た際、モンベルのテントが多すぎて戻れなくなり、危うく遭難しかけたといっていた。

そのくらいモンベルのテント率は高い。

しかし、最近モンベルに行ってみるとカラーバリエーションが増えているではないか。

昔は黄色いテントといえばモンベルといったイメージだったが、今ではそんなことはないようだ。

今回は、モンベルのステラリッジテント2型を使用する機会があったのでレビューしたい。

なぜ、モンベルのステラリッジテントが人気なのか

モンベルは日本メーカーで日本の気候を熟知しているから

長年に渡り、多くの登山家やアウトドア愛好家から支持され続けてきた「ステラリッジテント」。世界トップクラスの卓越した軽量性と、過酷な環境下に耐え得る高い剛性を備えています。雨や、降雪時など、さまざまな環境下でも素早い設営が可能。別売のフライシートやスノーフライ、グラウンドシートなど、豊富なオプションとの併用で、オールシーズンあらゆる状況に対応します。商品説明から

海外メーカーのテントだと内張がメッシュのことがある。

これは少し軽かったり、安かったりするテントにも多い。

しかし、日本の気候ではメッシュの内張は真夏以外では使いにくい。

9月に氷があることもあるなど寒暖差が激しいからだ。

その点、モンベルは日本メーカーなので海外メーカーのテントを使って感じる不便のようなところはない。

また、風速25mに耐えられるように試験も行っているそうだ。

 

冬張りがある

上と同様の理由になるが、モンベルのステラリッジテントには冬張りが用意されている。

これは、厳冬期に雪に埋まった際に通常のフライだと空気を通さないため、窒息してしまう可能性がある。

これを防ぐのが冬張りである。

冬山登山にステップアップしても使えるのが、ステラリッジテントのいいところ。

価格が安い

そもそも、モンベル自体が競合他社に比べて価格が安い。

テントも例に漏れず、競合他社より10%から20パーセント安い。

登山・登山道具カテゴリの最新記事