ネガフィルム値上がり問題から考える2021年の常用フィルムは?

ネガフィルム値上がり問題から考える2021年の常用フィルムは?

2021年はコダックが熱いかも…

今思い返すと2019ー2020年は日常を記録するような安価なフィルムがことごとく値上がりした受難の年でした。

※以下の記事はすべて36枚撮り基準の価格となります。

フジフィルムで言うとC200や業務用100の値上がり。

C200や業務用100は、今まで500円前後で購入でき、写りの素直さから常用フィルムにはもってこいのフィルムだったのですが、今や双方とも1本1000円超え。

なんだこのおしゃれなパッケージ。値上げはおしゃれ料ですか?

 

もはや、フジフィルムは安価なフィルムは切り捨てる路線に舵を切っていると言わざるを得ません。

コダックで言うと一時的なカラープラス200やゴールドの供給停止。その後の値上がり。

これらも2020年までは一本500円程度で購入できたのですが、いまや900円前後まで値上がりしていますね。

カラープラスやゴールドは楽天やヤフーなどで小売店が10本入り6000円台で売っています。が、これも値上がりするのは時間の問題でしょう。

 

この記事を書き始めたときは、ULTRAMAX 400をお勧めする予定でした。

2021年初頭には10本入りで5000円台で購入可能だったのです。

なんか、アメリカンなパッケージで送られてきます。

しかし、これも10本入りが現在8000円台まで値上がりしていますね。

そうなってしまうと、コスパ度外視で、もう好きなフィルム使うしかないよねーとしか言いようがないのですが、それでも常用フィルムということができるのは、

ISO 100 コダック ProImage 100 5本入り 3800円前後 → 1本 760円

https://store.shopping.yahoo.co.jp/photo-station/034463.html

ISO 200 コダック ゴールド 200 10本入り 6,000円前後 → 1本 600円

https://store.shopping.yahoo.co.jp/photo-station/1031227410.html?sc_e=afvc_shp_2327384

ISO 400 コダック ULTRAMAX 400 10本入り 8,000円前後 → 1本 800円

https://store.shopping.yahoo.co.jp/photo-station/3407410.html

一本800円以下で、入手しやすいフィルムを選んでみました。

※記事掲載現在の価格なので、今後価格の上昇や廃盤・生産停止の可能性も考えられます。

 

コスパを求めるならまとめ買い

小売店でばら売りのフィルムを買うと、まとめ買いの倍くらいの値段で売ってたりします。

それでも、業務用100とかが安かった頃は緊急的に買ったりもしましたが、もう安いフィルムはあまり店舗には並びません。

小売店のメリットといえば、期限切れ近くなったフィルムが半額とかで売っている可能性があることくらいでしょうか。

まとめ買いしても使い切れるの?

個々人の撮影のペースによりますが、冷蔵保存して寿命を延ばしたり、多少期限が切れてしまったフィルムでも問題なく撮影することは可能です。

鮮度がいいフィルムを使ったほうが良いのはもちろんなのですが、個人的には期限ちょっと切れたくらいなら露骨に差が出ることはないような気がします。

こちらは10年期限切れのフィルムで撮影した写真。

今は無きコニカ センチュリアスーパー800です。

また、フィルムを冷蔵保存することによって、フィルムの鮮度を長持ちさせることができます。

使用時に結露しないよう、数時間前に常温に戻しておくのを忘れずに。

更に長期保管の場合は冷凍保存すると良いようです。

その場合は

冷凍庫→冷蔵庫(1日)→常温(数時間)といったように、フィルムに結露が起きないよう注意を払う必要があります。

もちろんせっかく密閉されているのでフィルムケースは開けないように!

第三の選択肢 期限切れフィルム

メルカリやヤフオクを見ているとまれにちょっと安めのフィルムを入手することができます。

下のは24枚撮り、10年物、5本です。

未開封であれば10年物くらいであれば、問題なく撮影できる場合が多いと思います。

ただし、コツがあって10年消費期限を経過するごとに露出を1段上げること。

自家現像・自家スキャンの写真なのでちょっと出来は微妙ですが、ちゃんと撮影できました。

同じ10年物でも、封を開けてしまって、密閉保存されていないもの(写ルンですに装填されていたもの)等は劣化が激しいような気がします。

写ルンですが露出補正できないということもありますが、明らかにフィルムに劣化の跡が見て取れます。

「期限切れフィルムを買うときは冷蔵保存されていたか」は重要なポイントですが、見分け方は外箱に結露の跡があるか否かくらいしかないので、あまり神経質に気にしないようにしています。

「冷暗所保存」なんて言った者勝ちで、見分けるすべはありません。

博打要素は強いですが、日ごろから観察していれば思わぬあたりを引くかもしれません。

 

フィルムは日に日に値上がり傾向にあるので、欲しいと思った時が買い時かもしれませんね!

フィルムカメラカテゴリの最新記事