とても小さなフルサイズ ローライ35Sで撮ってみる

とても小さなフルサイズ ローライ35Sで撮ってみる

手のひらに収まる機械式カメラ ローライ35

中古市場ではゾナー型のレンズを搭載したローライ35Sが人気があるみたいですね!

ローライ35には、テッサーを搭載したローライ35T、ゾナーを搭載したローライ35S、廉価版のトリオター搭載のRollei B 35…と様々な機種があります。

ちなみに私はフリマアプリでローライ35Tを購入したところはずれを引いてしまい、色々もめた結果ジャンク品を無料で手に入れることができました。

その顛末は下記のとおり。

https://yamagich.info/mercari

数年後、ふと思い立って、ローライ35ってジャンクでも売れるのかなーと思い出品したところ、速攻で6,000円で落札されました。

しかも、直そうと分解してレンズが沈胴したり、トップカバーが余計にへこんだやつです(笑)

本当はもっと高く売れたかもしれませんねー。

ジャンクでもこれだけの価値があるということは、やっぱりローライ35って相当の人気があるんですね~。

時代によってシンガポール製やドイツ製とあるようですが、やはり人気があるのはドイツ製のようです。

ローライ35Sについて

ローライ35Sはゾナー搭載のローライシリーズの最上位機種?にあたるカメラのようです。

 

ローライ独自のHFTコーティングの文字。

ローライ35Tの失敗から立ち直ってなかった私はヤフオクで懲りずにリトライ。

今度は完動品+おまけつき+美品+ブラック+ゾナーと願ってもない良品を手に入れることができました。

個人の方との取引だったので、とても大切に使われたんでしょうねー!

ドイツ製の距離計とコダックの露出計。

露出計は古そうですが、意外と正確な値を示しました。

目測式なので、正確にピント合わせしたいときは距離計を使用します。

華奢だけど頑丈なローライ35S

そのコンパクトなボディーの中にメカが凝縮されており、いかにも丁寧に扱ってください!と言わんばかりのカメラですが、厳冬期の蓼科山に持って行ってみました。

ちなみに今まで厳冬期(体感気温-15℃以下)に持って行ったフィルムカメラには何かしら不調が出ています。

・ペンタックスSP 露出計作動しなくなる(数か月前にオーバーホール済)

・ペンタックスMX ミラーアップのままになる

・コンタックスTVS 苦しそうな音を上げてシャッターが切れなくなる。

もともと、中古品ということもあり、完全なコンディションではないということは承知ですがどうしても新しいカメラを買うと山に連れて行きたくなってしまうんですよねー。

ちなみに上記不調は下界で温かくしてあげたらすぐ直りました。

そんな中、ローライ35Sは快調。地吹雪を物ともせずシャッターを切り続けることができました。

目測式、ミラー構造なしということと、前所有者のメンテナンスの良さが幸いしているかも…

少なくとも、ダイアル操作のためグローブを外したりつけたりして寒さで感覚を失っていた私の両手よりは頑丈です。

いや、でも古いカメラなので、冬山に持って行って壊れた!という苦情は受け付けられませんのであくまで自己責任で(笑)

ちなみに蓼科山の山頂部分は広く、猛烈な風が吹いていました。

周りの登山者は山頂の神社まではいかずに撤退…

フィルムカメラカテゴリの最新記事