剱岳周辺の山小屋まとめ【真砂沢ロッジ・早月小屋・剱澤小屋・剣山荘・池の平小屋・剱御前小舎・池の平小屋】

剱岳周辺の山小屋まとめ【真砂沢ロッジ・早月小屋・剱澤小屋・剣山荘・池の平小屋・剱御前小舎・池の平小屋】

剱岳周辺の山小屋について

弘法大師が草鞋三千足を費やしても登頂できなかった、という伝説があるのが劔岳です。

近代登山としての登頂は明治40年と歴史は浅いですが、古くから不動明王として崇拝され、信仰対象として修験者に登られていました。

測量隊が最初に登頂したときには、山頂付近から奈良時代から平安時代の錫杖や鉄剣が見つかったというエピソードがあります。

 

真砂沢ロッジについて

剱岳は標高2,999mで立山連峰に位置する百名山です。
剱岳には国内でも数少ない氷河が2か所あります。
剱岳東面にある三ノ窓雪渓と小窓雪渓です。
特に三ノ窓雪渓の氷体は、最大で厚さ60mを超え、1kmを超える長さを持ちます。
三ノ窓雪渓は秋季の1か月間で30cm以上が流動します。
そんな剣沢雪渓を下った谷あいにあるのが真砂沢ロッジです。
この小屋は室堂から仙人池や阿曽原温泉方面の経由地にあたり、周辺には険しいクライミングルートもあるため、様々な方が訪れます。
小屋の建物は、冬期の雪崩や雪害から守るために石垣に囲われており、特徴的な外観となっております。

小屋の公式サイトでは、小屋と剱沢ルート上では、携帯電話の電波は各社とも通信不可と記載されており、必要な場合は剱沢までに連絡を済ませておくことが推奨されています。

 

View this post on Instagram

 

真砂沢のまさしさんの小屋開けでした。 トシくん、手伝いさせてもらいました(^^) トシくんの写真3の3 #立山 #tateyama #真砂沢ロッジ#mountain #lovemountain

天狗平山荘さん(@tengudairasansou)がシェアした投稿 –

 

山域 北アルプス北部
標高1780m
営業期間7月中旬~10月中旬
収容人数20人
1泊2日(大人)10,500円
素泊まり(大人)7,000円
ホームページhttp://masagozawa.jp/eigyouannai.html
備考

営業期間終了後間もなく、仙人池方面の剱沢二股の吊り橋、ハシゴ谷乗越方面と真砂沢ロッジ方面を結ぶ剱沢の橋(ハシゴ谷橋)が撤去されます。
増水時はいずれの場所も渡ることができません。
ハシゴ谷橋周辺の剱沢は水量が多く、平水時も渡渉は困難、撤去後は黒部ダム方面との行き来が非常に困難になります

 

※情報は掲載時・更新時現在のものになります。掲載情報によって生じた損害等については一切、負いませんので必ず、公式ホームページをご参照ください。

 

googlemapで口コミを見る

スマートフォンの場合は「拡大地図を表示」をクリックし、下にスワイプしてください。

早月小屋について

剱岳は標高2,999mで立山連峰に位置する百名山です。
剱岳には別山尾根から登るルート以外にも、馬場島から早月尾根を登るルートがあります。
早月尾根は標高差2,200mを超え、北アルプス三大急登の一つに数えられます。
そのためか、別山尾根に比べて登山客が少なく、静かな山行を楽しむことができるようです。
早月尾根も別山尾根と同じように険しく、「カニのハサミ」と呼ばれる岩場や数多くの鎖場があります。
早月尾根日帰りを行うと、ほかの登山仲間から賞賛の眼差しで見られるものですが、難易度が高く標高差も大きいルートを日帰りするのは、初心者にはお勧めできません。
早月小屋に1泊する計画を立てると余裕をもって往復可能です。
早月小屋からは富山平野や日本海を一望することができ、晴れた日には富山の夜景を見ることができます

 

山域 北アルプス北部
標高2200m
営業期間7月中旬~10月上旬
収容人数50人
1泊2日(大人)11,800円
素泊まり(大人)7,500円
ホームページhttp://www.net3-tv.net/~hayatsuki/
備考Facebook

https://www.facebook.com/hayatsukikoya/

 

※情報は掲載時・更新時現在のものになります。掲載情報によって生じた損害等については一切、負いませんので必ず、公式ホームページをご参照ください。

 

googlemapで口コミを見る

スマートフォンの場合は「拡大地図を表示」をクリックし、下にスワイプしてください。

剱澤小屋について

剱岳は標高2,999mで立山連峰に位置する百名山です。
剱岳は弘法大師がわらじ3000足を費やしても登頂できなかったとされるほど、容易に人を寄せ付けない山で、その初登頂を巡り、陸軍陸地測量部と日本山岳会が争ったという逸話があります。
小説や映画になっていますので興味のある方は是非ご覧ください。

そんな、剱岳を真正面から望むことができる位置にあるのがこの山小屋です。
小屋は何度も雪崩の被害で損壊してきましたが、2008年に現在の位置に移転しました。
時間制のシャワー室があり、布団にはミズノのブレスサーモが使用され快適です。
公式サイトには、予約がない場合宿泊できないことがありますとの記載があるので、訪れる際は極力予約するようにしましょう。

 

山域 北アルプス北部
標高2400m
営業期間7月上旬~10月上旬
収容人数64人
1泊2日(大人)10,800円
素泊まり(大人)7,500円
ホームページhttp://home.384.jp/tsuruqi1/
備考ブログ

https://ameblo.jp/tsurugisawa/

 

※情報は掲載時・更新時現在のものになります。掲載情報によって生じた損害等については一切、負いませんので必ず、公式ホームページをご参照ください。

 

googlemapで口コミを見る

スマートフォンの場合は「拡大地図を表示」をクリックし、下にスワイプしてください。

剣山荘について

剱岳は標高2,999mで立山連峰に位置する百名山です。
また、立山、鹿島槍ヶ岳と並び、日本で数少ない氷河が残る山でもあります。
剱岳は一般登山者が登る山の中で最も危険度が高い山とされており、難所としてカニのタテバイやヨコバイなどを擁します。
岩と氷の殿堂とも呼ばれるその山容は、氷河によって削られた氷食先鋒で、登山者を圧倒します。
そんな剱岳から最も近い山小屋が剣山荘です。
小屋は平成19年に改築され、水洗トイレやシャワー室もあります。
布団にはミズノのブレスサーモを使用。
小屋では土日祝日、およびその前後の予約を推奨しておりますので、該当する時期に訪れる方は予約をしてから行くようにしましょう。

 

山域 北アルプス北部
標高2490m
営業期間6月下旬~10月上旬
収容人数160人
1泊2日(大人)10,500円
素泊まり(大人)7,500円
ホームページhttp://www.net3-tv.net/~kenzansou/
備考Facebook

https://www.facebook.com/kenzanso/

ツイッター

https://twitter.com/kenzanso

金曜日、土曜日、祝日の前後は必ず予約してください。

※情報は掲載時・更新時現在のものになります。掲載情報によって生じた損害等については一切、負いませんので必ず、公式ホームページをご参照ください。

googlemapで口コミを見る

スマートフォンの場合は「拡大地図を表示」をクリックし、下にスワイプしてください。

池の平小屋について

池の平小屋は収容人数が少ないため完全予約制の山小屋になっています。池の平小屋の周囲では平の池や剱岳展望台などの絶景スポットが数多くあります。
池の平小屋は1991年に台風で被災。小屋の存続が危ぶまれましたが1994年に新たな山小屋が完成し、現在まで営業しています。
池の平小屋の存続といえば、山岳写真家の巨頭 田淵行男氏の著作 黄色いテント「裏剱幻想―山小屋を買い損ねた話」でも掲載されています。
当時は大戦中で、物資窮迫、人手不足が重なり、小屋の維持が危ぶまれ、かといって勝手に小屋を閉めるわけにもいかないということで、山小屋の買取をお願いされたそうです。
その値段は6,000円(当時の田淵氏の月収が130円)とのことで、大変迷って立ち消えになってしまったとのことです。
現在でも名を残す偉大な写真家の田淵氏。彼が当時、気に入って通っていたのがこの山域で、絶景は折り紙付きというべきでしょう。

 

山域 北アルプス北部
標高2040m
営業期間7月中旬~10月上旬
収容人数25人
1泊2日(大人)10,500円
素泊まり(大人)7,500円
ホームページhttps://ikenotairagoya.amebaownd.com/
備考※ 正午前にチェックインされる方は休憩料として2,000円。

※露天風呂をご希望の場合は予約時にその旨を伝えて欲しいとのことです。

※立山駅や扇沢駅から一日で来られる計画の場合は宿泊を断られる場合があります。

※情報は掲載時・更新時現在のものになります。掲載情報によって生じた損害等については一切、負いませんので必ず、公式ホームページをご参照ください。

 

googlemapで口コミを見る

仙人池ヒュッテについて

仙人池ヒュッテは仙人池の北側に建つ山小屋です。
仙人池は紅葉スポットでも知られ、秋には紅葉と池に写り込む剱岳を見ることができます。
また、小屋には檜造りの風呂もあるため、体の疲れを癒すがでます。

 

山域 北アルプス北部
標高2090m
営業期間7月中旬~10月上旬
収容人数80人
1泊2日(大人)10,500円
素泊まり(大人)7,500円
ホームページhttps://www.senninike.jp/
備考Facebook

https://www.facebook.com/sennninnike/

※情報は掲載時・更新時現在のものになります。掲載情報によって生じた損害等については一切、負いませんので必ず、公式ホームページをご参照ください。

googlemapで口コミを見る


スマートフォンの場合は「拡大地図を表示」をクリックし、下にスワイプしてください。

剱御前小舎について

剱岳は標高2,999mで立山連峰に位置する百名山です。
剱岳には国内でも数少ない氷河が2か所あります。
剱岳東面にある三ノ窓雪渓と小窓雪渓です。
特に三ノ窓雪渓の氷体は、最大で厚さ60mを超え、1kmを超える長さを持ちます。
三ノ窓雪渓と小窓雪渓は秋季の1か月間で30cm以上の流動がみられるそうです。
そんな剱岳への登り口、立山三山や大日連山への縦走に便利な位置にあるのが、この剱御前小舎です。
この小屋は昭和5年に発生した雪崩によって、この山域唯一の山小屋であった剱澤小屋に宿泊していた全員が犠牲になったことを受け造られました。
厳冬期の剱岳登山基地として、剱澤小屋以外の小屋も必要ということで建てられたこの小屋は、各コースの合流地点にあり、多くの人が行き交います。

 

山域 北アルプス北部
標高2760m
営業期間4月下旬~10月上旬
収容人数120人
1泊2日(大人)10,500円
素泊まり(大人)7,500円
ホームページhttps://www.tsurugigozengoya.net/
備考Facebook

https://www.facebook.com/tsurugigozengoya/

 

※情報は掲載時・更新時現在のものになります。掲載情報によって生じた損害等については一切、負いませんので必ず、公式ホームページをご参照ください。

googlemapで口コミを見る

スマートフォンの場合は「拡大地図を表示」をクリックし、下にスワイプしてください。

 

未分類カテゴリの最新記事