【高級コンデジ】各社の1インチセンサー搭載カメラの比較

【高級コンデジ】各社の1インチセンサー搭載カメラの比較

各社の1インチセンサー搭載カメラの比較【2019年】

今回は1インチセンサーを搭載したカメラの比較を行いたいと思います。

詳細なスペックの比較ではなく、各社がどの様な思想で商品を展開しているかの私なりの考察です。

1インチセンサー搭載カメラとは

カメラセンサーの大きさ別の概要

 

言葉で説明すると長くなりそうなので、図でまとめてみました。

なんとなく、スマホよりも強いけど、普通の一眼よりも弱い的なポジションで理解していただければよろしいかと思います。

中途半端かと思うかもしれませんが、1インチセンサーには圧倒的な強みがあります。

それは、小型軽量であること。

カメラは写真を撮る道具です。

それ故に、外に持ち出さなければ意味がありません。

大きくて重いフルサイズの一眼レフを外に持ち出すのは気合がいります。

レンズも重いです。


と、ここまでが大体のブログなどで、1インチセンサーカメラのメリットとしてあげられている部分。

しかし、私はそれに加えて、山で望遠レンズの代わりとして使えないかと考えたのが、今回の記事を書くきっかけです。

圧倒的な圧縮効果をいかした風景・人物写真を撮りたい。

でも、望遠レンズ持っていっても、レンズ交換が面倒だったり、ここぞというときに使えなかったりします。

じゃあ、ギリギリ我慢できそうな画質の1インチセンサーの望遠の効くコンデジと広角レンズをつけた一眼レフの2台持ちで挑めばどうか。

コレなら、一眼レフの望遠レンズ1本増やすよりもシャッターチャンス増えるし、軽いしかさばらないし、便利ズーム的に使えて汎用性高いし、

と画質さえ我慢できるのであれば割といけるプランなのではないかと考えた次第です。

なので、機種選定をかねて各社の特徴をまとめてみました。

ソニーの1インチセンサーカメラ

ソニーの1インチセンサーは、他社よりも圧倒的に小型なRX100シリーズと高倍率な望遠レンズを搭載したRX10シリーズの2本柱です。

RX100M5までは、低倍率で明るいレンズを搭載し、EVFや動画機能などのマイナーアップグレードを繰り返していくイメージでしたが、RX100M6で突如路線変更。

これは、明らかにパナソニックのTX-1を意識していると思われ、小型高倍率路線で独自性を出そうとしていたパナソニックの需要を奪う形となっています。

両社を比較するとソニーの方が小型でデザインも洗練されており、所有感はソニーの方が高いのではないでしょうか。

しかし、小型化に関する弊害もあるようで、EVFを使用するのに1動作必要、小型ゆえにカメラを構えにくい、熱処理に関する甘さがデメリットとして挙げられています。

 

α7シリーズで他社よりも先進的な商品を生み出しているソニーらしく、AFについては世界最高速を謳っています。

また、過去機種も現役で発売され続けているため、動画機能が不要、EVFが不要等、自分に合った機種を選択すれば、割安で購入することができます。

RX100シリーズ

2012年に発売されたコンデジ高級化路線の火付け役ともいえるカメラです。

現在、6代目のDSC-RX100M6までが発売されています。

最新モデルのDSC-RX100M6DSC-RX100M5Aでは大きく系統が異なるカメラです。

具体的には、ズーム倍率を優先するか、レンズの明るさを優先するかで選択肢が変わってきます。

高倍率ズームレンズ搭載のDSC-RX100M6

DSC-RX100M6が歴代のRX100シリーズと大きく異なるのは、高倍率ズームレンズを搭載している点です。

DSC-RX100M6は24-200mmズームレンズを搭載しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#tokyo #ginza #rx100m6

Xiangさん(@xiang.photo)がシェアした投稿 –

そのため、比較的オールマイティーな環境に対応でき、全画素超解像ズームを利用すれば、画質の劣化を抑えて400mm相当の画角まで撮影することができます。

デメリットとしては、高倍率ズームを搭載したことにより、従来モデルよりもレンズが暗くなった影響(F2.8 -4.5)でぼかし難い、暗所での撮影に若干不利であるということがあげられます。

値段は新品で10万円を超えており、コンパクトな高級コンデジの中では最高級の部類といってよいでしょう。

DSC-RX100M6は従来モデルとは異なり、ファインダーがポップアップ式となっており、使いたいときにすぐにファインダーを使えるのもうれしいところです。

AFについても、高速性と追随性に優れた高精度なコントラストAF方式と位相差AF方式とを併用する「ファストハイブリッドAF」を搭載し、世界最速ともいえる0.03秒の合焦スピードをうたっています。

DSC-RX100M5A

DSC-RX100M5Aは、初代モデルから正当進化を遂げてきたRX100シリーズの最新鋭モデルといえるでしょう。

基本的には前モデルであるRX100M5のスペックを受け継ぎ、一部にRX100M6の最新技術を投入したカメラとなります。

AFスピードはRX100M6よりも少し劣りますが、0.05秒と十分高速で、動きの速い被写体にも瞬時にピントを合わせます。

また、比較的明るいレンズ(F1.8-2.8)を搭載し、RX100M6よりもボケを活かした写真や暗所での撮影に強いモデルということができるでしょう。

その反面、ズーム倍率はRX100M6に劣るため、望遠が必要な場面ではシャッターチャンスを逃すこともありそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

“셀카도 열심히 찍고왔아영💪🏻🇹🇼. 찍고보니 야한 떡만둣국같이 생겼다는게 학계의 정설👩‍🏫”. . . 라이트룸 넘 어려운데 재밋어영👩‍💻 사진보정클래스도 들어봐야겠어용👩‍💻. . —————————————— photo. @su_uks _ model. @su_uks _ —————————————— . . #taiwan#가오슝#kaohsiung #rx100m5a #travelblogger#photography#photographer#girl#model #like4likes#여행#사진#촬영#스냅#사진스타그램#컨셉촬영#ootd#ポートレート#portrait#셀스타그램#写真#ポートレート #good_portraits_world#portrait_mood #인물사진#作品撮り#ポートレート撮影

su_ukさん(@su_uks)がシェアした投稿 –

RX10シリーズ(RX10M4)

コンパクトではない1インチセンサー搭載カメラです。

コンパクトではない分、24-600mm F2.4-4.0の大口径高倍率ズームレンズを搭載、レンズ交換式カメラだとレンズ三本分に当たる画角をこれ一台でカバーすることができます。

AFもRX100M6と同じ、世界最速0.03秒を謳っており、シャッターチャンスをモノにするという面では、もはやレンズ交換式カメラを凌駕する存在といってもよいでしょう。

RX100シリーズと比較すると重量が約4倍ほど重くなっており、また一眼レフの入門機と変わらない大きさとなっているため、普段から持ち歩くには気合いがいりそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Blue Moon. May 2019 🌓🌔🌜🌘 . Well, partially. Lookin’ good against the deep blue evening sky. . . #bluemoon #moon #moonlight #moonphotography #moonset #moon_of_the_day #moonphoto #lunarphotography #moonrise #waycoolshots #sonyrx10m4 #rx10m4 #sonyrx10iv #SonyUK #SonyWorldClub #ig_myshot #photographyispassion #passionofphotography #artofvisuals #killergram #shoot2kill #uncalculated #frommycamera #instaphotography #digitalphotography #amazingphoto #amazingshot

Simonさん(@simonwildphotography)がシェアした投稿 –

 

キヤノンの1インチセンサーカメラ

G7X Mark II

24mm – 100mm ( F1.8 – 2.8}レンズを搭載し、若干ソニーのDSC-RX100M5Aよりも高めの望遠倍率となっています、

また、NDフィルターを内蔵しているため、晴天時の撮影で、解放で撮りたい場合等に有利です。

ファインダー(EVF)は搭載されていませんが、その分、他社の1インチセンサー機よりも割安となっています。

カメラ本体も適度な大きさと剛性で、最大手メーカーのキヤノンらしいバランス型の機種となっています。

堅実なスペックな分価格も他社よりも安く(5万円)前後、コストパフォーマンスの面でも優れていると言えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Golden Hour #elementsfestival #elements #edits #marikarossa #gregortresher #g7xmarkii #mirrorlesscamera #goldenhour

Tomasさん(@p1xel_pimp)がシェアした投稿 –

 G9 X Mark II

28mm-84mm(F2.0-4.9)のレンズを搭載し、G7Xよりも小型軽量なカメラです。

本体の重量は206gしかなく、カメラ本体のサイズも小さいことと相まって持ち運びには最適です。

しかし、物理的な操作ボタンは少なく、操作のほとんどをタッチパネルで行うため、一眼ユーザーのサブ機として購入すると満足度は低くなってしまうのではないでしょうか。

どちらかというと、スマホの延長でもっと良い画質で撮りたいとか、画質の良い記録用カメラとして割り切ってつかっった方が満足度が高いかと思います。

価格はG7Xよりも安いため、一昔前の普及型コンデジを買う感覚で購入することができます。

安く手軽に高画質なコンデジを購入したいという方には最高の機種です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Light. Trees. and Leaves’ carpet. Everything’s perfect in the Autumn. . . . . #g9xmark2 #g9xmarkii #photography #picture #amateurphotographer #pointandshootcamera #pointandshoot #seoul #maple #seoulforest #forest #park #autumnmood #autumnpic #nature #서울숲 #가을 #가을사진 #단풍 #똑딱이카메라 #똑딱이 #하이엔드카메라 #사진 #사진취미

capture_atmosphereさん(@capture_atmosphere)がシェアした投稿 –

パナソニックの1インチセンサーカメラ

LX9

24−72mm(F1.4−2.8)という今回紹介したコンデジの中で一番、明るいレンズを搭載しています。

これにより、他社のカメラよりも若干すぐれた暗所撮影性能を備えているということができます。

また、大口径レンズを搭載しているカメラにふさわしくボケ味にこだわった新開発非球面レンズを搭載しています。

シームレスボディのため剛性感も高く、デザインも洗練されたカメラということができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

* 楽しい連休も終わり。 明日から社会復帰ですー😭 #photo #photography #nightview #tokyo #ig_japan #skytree #likeforlikes #東京 #墨田区 #浅草 #スカイツリー #夜景 #panasonic #lumix #lx9 #お疲れ様240 #丸メガネ #ありがとう☺️

Toukawa Yoshikiさん(@est_riiver)がシェアした投稿 –

TX-2

24mm360mm(F3.3-6.4)という圧倒的なズーム倍率を持ったレンズを搭載しています。

ライバル機種であるRX100M6は200mm。M6も十分な倍率を持ったカメラですが、TX2を見た後だと少し霞んでしまいます。

カメラ本体はRX100M6よりも若干大きく、デザインは少し野暮ったい印象をうけます。

その反面、カメラをホールドしやすいように、前面にラバーが張り付けられていて持ちやすいです。

ちなみにソニーのRX100シリーズはZEISS銘、パナソニックのTXシリーズはLEICA銘のレンズを搭載しています。

(コンデジのレンズではあまり違いは分からないように思います。たまにZEISSだから、LEICAだからと言っている人も見かけますが)

覗いた感じEVFはソニーのものよりも、若干青みがかっている印象を受けました。

実用上問題はなさそうで、AFも明るい場所ではソニーのRXシリーズと遜色ないスピードで合焦します。

(暗い場所でテストしていないのでわかりませんが、どちらかというとRXシリーズの方が暗所AFに弱いと言われている印象です。)

 

まとめ

レンズ交換ができない高級コンデジは、搭載するレンズやボディの大きさによって如実に各社の思想が現れます。

どの機種にも向き不向きが存在し、オールマイティーで撮影できるといった機種はありません。

買う側がズーム倍率、レンズの明るさ、ボディの重量・重さといったものを明確にしたうえで購入すればミスマッチのない買い物ができるでしょう。

逆に言うと、周りが買っているからRX100といった買い方だと、使いどころに困ってしまい、買ったはいいが結局使わないといった事態にもなってしまいます。

雑記カテゴリの最新記事