PENTAX KPと冬の北アルプス登山【唐松岳敗退】

PENTAX KPと冬の北アルプス登山【唐松岳敗退】

2018年12月末(12月22日) 北アルプス唐松岳に登る

2018年末は全国的に例年に比べて雪が少なかったが、それは北アルプス後立山連峰においても例外ではなかった。

八方尾根尾根スキー場も上部のみの営業となり、リフトの始発待ちの行列も他の年の同時期に比べて短い気がする。

この時点の天候は少し晴れ間が見える程度で、予報は曇り、午後から雪となっていた。

2本のリフトを乗り継いだが、最後のグラートクワッドは運行しておらず、スキー場の斜面を歩いて登ることに。

今回の参考で一番、傾斜が急なのはここだった気がする。

ここから八方池山荘まで歩くこととなり30分のロス。

自動販売機は冬眠中。

稜線上から降るスキーヤーも多いためか、雪崩ビーコンの動作チェッカーが置かれている。

この日のほかの登山者は10名ほどであった。

前日が休日であったのと、降雪が少ないため、トレースがしっかりしており、ルートファインディングには困らない。

時折、ガスにより視界が悪くなる。

気温は丸山付近で-5℃程度とそんなに低くない。

雪質はみぞれに近く、風で頬に当たると若干痛い。

登り始めくらいは晴れ間が見えるかと思ったが、歩き始めてから帰るまで一度も晴れ間を見ることはなかった。

八方池も雪の中。

丸山まで1時間弱くらいのところから撮影。

ここら辺までは視界がよかった。

積雪は80センチほどあり、気を抜くと踏み抜いてしまう。

最後の急登を登り丸山に到着。

この時点で時間は13時前、同時期にスタートしたパーティーも皆ここまでで帰ってきているので、この日、日帰りで唐松岳に登頂できた人はいなかったと思われる。

リフト乗り場に到着すると15時20分でリフト運休のアナウンスが流れていた。

丸山で撤退しておいてよかった。

次は天候の安定したGWに訪れたい。

ペンタックスKPのレビュー

今回は登頂もできなかったし、ほかに書くこともないので、カメラのレビューを書きたい。

今回の山行の最低気温は-5度。天気は弱い雪のち雨と割とカメラにとっては過酷な環境だったと思う。

今回の最高到達地点の丸山付近で撮影。

何度も雪を踏み抜いたので雪まみれになってしまった。

今回の構成は上の2つ。

両方とも防塵防滴仕様だ。

 

カメラは終始雪にまみれていたが、問題なく作動。

今回の記事は雪にまみれたKPの画像以外はすべてKPで撮影している。

高度を下げると雪から雨に変わった。

レンズには水滴がつき、曇ってしまった。

が、内部は問題なし。

夏に雨の中、白馬乗鞍岳で使用したところ、ファインダー内部が曇ってしまったことがあるので高温多湿な状況のほうが弱い気がする。

 

ちなみに同じく防滴仕様をうたう、ニコンのD750は御嶽で小雨の中、3時間ほど使用したらエラーを吐くようになってしまった。(今は直ったが…)

 

やはり、悪天候が予想される場合はペンタックスを持ち出そうと決める。

登山・登山道具カテゴリの最新記事