アウトドア・登山に最適な「PENTAX」は初心者におすすめできるか

アウトドア・登山に最適な「PENTAX」は初心者におすすめできるか

アウトドア・登山に最適なメーカー「ペンタックス」は初心者におすすめできるか

PENTAXについて

PENTAXは旭光学工業から始まった大手光学機器工業です。

日本初の一眼レフを開発したのもこのメーカーであり、当時は(今も?)高い技術力を誇りました。

現在はシェアでこそ、キヤノン、ニコンなどの大手メーカーに負けていますが、所謂大衆受けを狙ったこれらのメーカに対して、PENTAXは「アストロトレーサー」、「リアルレゾリューション」、「ローパスセレクター」などのボディ内手振れ補正機能を応用した想像の斜め上を行く変態的技術によって対抗しています。

PENTAXを愛する人をペンタキシアンと呼び、ファンは全世界に大勢います。

多少のデメリットをものともせず、「PENTAX」だから使うという固定的なファンも多いのが特徴です。

PENTAXをおすすめできる理由

出し惜しみしないメーカー

私がPENTAXをお勧めできる一番の理由はここです。

PENTAXは技術を出し惜しみしない。

 

例えば出し惜しみメーカーとして有名なキヤノンだと、最新の技術はまずフラグシップ機に搭載され、だんだんと中級機まで下りてきます。

初級機に搭載されるのはかなり後になってからか、搭載されないか。

要するにキャノンにとっては、高級機を買ってくれる人が客であり、貧乏人は最新の技術の成果など使えなくて当然といった企業姿勢をとっています。

EOS M3というミラーレスカメラを買ったときに嫌というほど思い知らされました。

このカメラは有線レリーズ使用不可。

しかも、中級機には何年も前に搭載されていたインターバル撮影機能が不搭載。

ミラーレスカメラを買うような初心者には有線レリーズなど不要、インターバル撮影なんてできるわけがないという判断でしょう。

ま、こういう高慢な考え方が災いして、ミラーレス市場でソニーに大きくシェアを奪われることになったんですけどね(笑)

私のキヤノン嫌いはここから始まりますが、今回はPENTAXの記事なので、それはまた今度の機会とします。

 

PENTAXの出し惜しみしない姿勢は、ペンタックスのフラグシップであるK-1からその翌年に発売されたKPでの流れでも垣間見ることができます。

 

PENTAX K-1 はペンタックスが社運をかけて開発したファン待望のフルサイズ機です。

普通だったら、翌年に発売されるカメラ(中級機)は同じ性能か、デチューンするでしょう。

しかし、翌年に発売されたKPは違いました。

一例を見ると、K-1 最高ISO204800 なのに対して、KPは最高ISO819200 と実に2段分の感度上限となったのである。

KPはミニK-1と呼ばれるほどの性能を誇ります。センサーサイズやカメラの大きさからくるGPS搭載の有無等以外はすべて同じか、それ以上の性能で、です。

 

K-1Ⅱが発売されたときは、有料でメイン基板のアップグレードを行いユーザーを驚かせました。

 

ユーザーを大切にし、ユーザーからも愛されるメーカーがPENTAX。

PENTAXが最新機種に載せてない機能は、ペンタックスにとって必要ないと判断されたか、ペンタックスの技術力・体力では無理だったのかのいずれかなので諦めがつきます。

最王手メーカーのようにこの機種を買うのは初心者だから、この程度で十分だという慢心が感じられない気持ちの良いメーカーでです。

 

しかし、それが仇となって、PENTAXのカメラは値崩れが早く、よくamazonなどでセールで売られているのをみます。

一番下(初級機)となる機種を比べても他社に比べてコストパフォーマンスは圧倒しています。

高級機へのステップアップを考慮せずに、手軽に一眼レフの高画質を楽しみたいと思う方であれば、ペンタックスの初級機はおすすめです。

ボディ内手振れ補正

レンズ内手振れ補正の方が性能が良いといわれたのも今は昔。

PENTAXの最新カメラは5軸5段分の手振れ補正性能を有しています。

 

ボディー内手振れ補正の何がよいかというと、レンズに手ブレ補正機構を搭載しなくて良い分、レンズが安価になるということです。

キヤノンやニコンのレンズはレンズ内手振れ補正のため、レンズ毎に手振れ補正機能が搭載されます。

その機構の分、値段が上がってしまう傾向にあります。また、単焦点レンズなどには手振れ補正機能が搭載されないことも多いです。

 

また、古いレンズを使ったときにも威力を発揮します。

PENTAXのKマウントは歴史の長いマウントなので、フィルムカメラ時代のレンズも使うことができます。

その際に、ボデー内に手振れ補正機構があると、シャッターチャンスに強くなるのだ。

 

ボディー内に手振れ補正機能がある「一眼レフ」はPENTAXだけ。それは大きなメリットです。

 

因みにペンタックスマウントで一番気に入ってるレンズはコレです。

 

設計も古く、すでに他社用では後継機も手に入ります。

私の主な撮影領域は広角のため、望遠の純正の大三元レンズなどには手が届きません。

しかし、PENTAXであればボディ内手振れ補正のため、多少AFが遅くてウルサイのを我慢すれば、こういったレンズを安く使うことができることが利点です。

結婚式やポートレートの撮影にはこれを使うことが多く、写りにも十分満足しています。

 

アウトドアに最適な防塵防滴耐寒性能

上の動画をご覧いただきたい。

PENTAXの新機種が発売されるとすぐに、このような泥水に浸したり、砂をかけたりといった検証動画があげられます。

PENTAXのユーザーが求めているのはタフな一眼レフであり、K-70といった初級機であっても防塵、防滴機能を搭載している。

これが、ほかの大手メーカであれば「防塵防滴に配慮」という表記になっていることが多いのです。

要するに防塵防滴性に自信がない…ということでしょうか。

また、ペンタックスは-10℃の環境でも使用できることを明確にうたっています。

これも、ほかの大手メーカーであれば使用環境0℃~となっており、寒冷地での使用は自己責任といった姿勢をとることが多いです。

PENTAXのデジタル一眼レフの最新ラインアップである「K-3」「K-5II/5IIs」「K-50」は、防塵・防滴構造のボディを実現している。いずれもコンパクトかつ高剛性なボディで、-10度の耐寒性能も備わっており、タフネス性能は非常に高い。2014年6月現在、「K-50」はエントリーモデルの中で唯一、防塵・防滴構造を実現した製品だ。さらに、レンズも、AW(防塵・防滴)レンズと、WR(簡易防塵防滴)レンズが用意されており、ラインアップも充実。PENTAXは、ボディ+レンズの組み合わせで防塵・防滴に配慮しており、厳しい条件でも積極的に撮影が行えるシステムになっているのだ。PENTAX 公式サイトから引用

K-70のような初級機であっても、これらのタフな防塵防滴機能が搭載されるのは、PENTAXだけ。

 

また、レンズも手の届きやすいラインナップに防塵防滴(簡易)の物が用意されています。

 

 

他の一眼レフメーカであれば、APS-Cセンサー専用といったレンズに防塵防滴機能が搭載されることは少ないと思います。
このような性能を求めるならば、10万円を高級ラインナップのレンズを買えということになるでしょう。
しかし、フルサイズ用のズームレンズをAPS-C用のレンズに使用すると、焦点距離の面で使いにくいことが多いのです。
例えば、上のズームレンズをAPS-Cで使うと、36㎜~158mmとなり、広角側が使いにくくなる。
その点、最初からAPSCセンサー用に作られたズームレンズであれば、広角側は16mm~18mmであることが多く、普段使いで困ることはありません。
もう1点、忘れられがちなのは、防塵防滴性能のボディーを使うときは、レンズも防塵防滴でなければならないということです。
その逆もまた然り。
つまり、キヤノンやニコンの一番初心者向けの機種や「防塵防滴に配慮」した程度の中級機と防滴レンズを組み合わせても、意味がありません。
キヤノンやニコンを検討している方は、カメラの防塵防滴性能を一度調べてみるとよろしいかと思います。

高品質なファインダー

PENTAXの一眼レフには初級機でも視野率100%のファインダーを搭載しています。

他社メーカーであれば、10万円前後からの中級機でないと視野率は100%となりません。

PENTAXは初の一眼レフを開発したメーカーとして、ファインダーにこだわっているようです。

ニコン、キヤノン、ペンタックスの中級機を使ってきたがファインダーは断トツでペンタックスが奇麗に対象を見ることができます(個人的な感想ですが)。

青空を覗いた時などは、肉眼よりも鮮やかに見えて驚くことも。

 

簡易赤道儀(アストロトレーサー)

一般的に三脚を使った15秒から30秒程度の露光では星を写すのに限界があります。

それ以上の秒数を星を流さずに写そうとすると赤道儀が必要。

星は、日周運動で一時間に15°動いているからです。

しかし、これらの機材を使うのには頑丈な三脚と技術を必要とします。

極軸望遠鏡を使って、北極星を導入し~

 

PENTAXであれば、GPSを利用して簡易的にこれらの機能を代用することができる。

あくまで、手振れ補正機能の応用なので、簡易的なものだが馬鹿にできません。

 

アストロトレーサー機能の場合
  • 例えば60秒露光で星は点像、雲は流れるという星景写真が撮れる。
  • 135mmクラスまでなら、かなり使える望遠撮影。
  • バッテリーを抜かなければ、精密キャリブレーション情報が保持される。
    • 本体電源OFF、O-GPS1電源OFF、最近の純正レンズなら交換をしても大丈夫。
    • レンズ情報を持たないマニュアルレンズは、焦点距離情報を入れ直す必要あり。
    • 晴れ待ちで車内待機時など、とても助かる。
    • 撮影場所を大きく変更する場合は、再度精密キャリブレーションを行う必要あり。
  • 構図決めのため、三脚ごと方向転換が可能。これは大変に大きなメリットである。
  • 地面直置き撮影も可能。
  • 北極星が見えなくても問題がない。
  • 南半球での使用に心強い。
  • 速攻性もアストロトレーサーの利点。
    • 旅先で偶然に素晴らしい星空と風景に出会った! 10分後には撮影終了!
ポータブル赤道儀ではどうでしょうか
  • 北極星が見えないと極軸合わせが出来ない。または非常に難しい。
  • 南半球では極軸合わせに不安が残る。
  • ポータブルゆえ赤道儀としては軽く、小型三脚では機械的剛性が弱い。
    • 極軸ズレ以外にも構図決めによるアンバランスで星が流れて写ってしまうことがある。
  • 設置後に移動することが出来ない。
  • 小型ゆえ極軸がズレたり、撮影機材全体がたわみやすい。
    • 極軸設定が狂うと撮影が出来ないため、実は構図決めが大変な作業である。
  • カメラ以外に10万円程度の追加出費が必須。
  • 使いこなしに技術と天文知識を要する。
  • 家族旅行のついでに“チョット撮る”にはスキルが必要。
  • ある程度はかさばり、そして重い。
  • 速攻性を発揮するには熟練が必須。
    • 極軸を合わせ、構図を決め、撮影を始めようと思ったら曇ってしまった!など。

PENTAX公式サイトから引用

公式サイトでも、135mmまでであれば、追尾撮影が可能とあります。

これが何を意味するのかというと、適切な画像処理を施せば、アンドロメダ大銀河などの撮影が可能になるということ。

それ以上の撮影となるとポータブル赤道儀を使ったとしても難しい領域となり、大型の赤道儀を導入する必要が出てきます。

 

これらは高価で重く、大型なので持ち運びにも適さない。大型のしっかりとした三脚も必要。

余程、専門的に天体撮影をやってみたいという方以外はアストロトレーサーで十分でしょう。

 

APSC専用の安価なレンズ群

他社であれば、APSCサイズのセンサーを搭載したカメラは初級機~中級機に位置付けられていることが多く、レンズのラインナップは限定的です。

その点、PENTAXはAPSCに主点を置いたメーカーであり、専用設計のレンズの数は群を抜いています。

フルサイズカメラのレンズは高価で大型化しやすく、APSCカメラに装着した場合に使いにくいズーム領域となるケースも多い。

 

 

PENTAXを選ぶデメリット

レンズの開発ペースが遅い

PENTAXのレンズは開発ペースが遅く、年に2本新しいレンズが出れば良いほうです

また、APSCセンサーに最適化されたレンズが多いといっても、超音波モーターが搭載されていない一昔前の設計の設計であることが多く、動き物の撮影に適さないことが多い。

特に、フルサイズのレンズラインナップは致命的であり、発売から数年たつ今でも純正 大・小三元レンズが揃わないという状況にあります。

 

 

最新のサードパーティ製レンズが少ない

最近はシグマやタムロンといったメーカーからも評判のいいレンズが発売されています。

そういったレンズが、PENTAX向けには発売されないことも多く、サードパーティー製レンズまで含めると、キヤノンやニコンのレンズラインナップに差をつけられているのが現状です。

ボディー内手振れ補正のため、これらのメーカーの古い設計のレンズを使用しても、手振れという点では安心ですが、AFの遅さは如何ともし難いです。

最新のサードパーティー製レンズ群を使用したいという場合は、PENTAXはやめておいた方が無難でしょう。

 

同性能のサードパーティー製レンズがPENTAXの名前を冠して割高で売られている

顕著な例がコレ。

 

PENTAXとタムロンの技術協力という形らしいのですが、ほぼ同じスペックのレンズで値段は倍近くちがいます。
コーティングがPENTAX独自の物らしいですが、もともとタムロンのレンズの方も星の撮影に使われるほど評判が良いものです。
さらに、このレンズはタムロンから2018年に新型が発表されたが、それでもペンタックス性よりもタムロン製の新型の方が安いです。
PENTAXは手振れ補正機構が省かれている分、割安になってもよいと思うのですが…
このように、PENTAXの名を冠しただけで値上がりし、他社メーカーであれば割安で手に入れられるものを高い金を払って買わなければならない例が多いです。
こと、フルサイズにおいては、超広角レンズではこのレンズ以外に選択肢がなく、PENTAXにお布施する気もないので、私はニコンのD750を購入しました。
欲しいレンズがあれば、事前に調査してみるのも重要です。

フルサイズにステップアップしにくい

APSCからカメラに嵌った人が次に欲しくなるのが、フルサイズセンサーを搭載したカメラでしょう。

PENTAXからはK-1という、とてもコストパフォーマンスに優れたカメラが発売されています。

ライバル機であるニコンのD810と比較しても遜色ない性能で、GPS等の機能面ではK-1が勝るところもある。

しかし、このK-1であるが、発売のうわさから10年近くユーザーを待たせた機種でもあります。

そもそも、リコーのカメラ部門自体が業績が悪く、ユーザーはいつカメラ部門がなくなるか戦々恐々としている面があります。

毎年、赤字のニュースを見て、そろそろカウントダウンかとハラハラ。

このK-1はmark2こそ発売されたものの、基本性能はそのままのマイナーアップグレードであり、完全な後継機はいつ発売されるかわからない。

もしかしたら、発売されない可能性もある。

普通の財力の一般庶民にとって、PENTAXのフルサイズ機を買ってレンズをそろえるということは、PENTAXと心中する覚悟を持たなければなりません。

ちなみに、2017年にニコンから発売されたD850には、性能的に完全に差をつけられています。

 

K-1は価格面で考えれば、ライバル機と比較しても遜色ないパフォーマンスを持ったカメラです。

しかし、すでに時代遅れになり始めている面も否めなく、近日中の後継機発売は望めないと思われます。

AFが遅い、ライブビュー撮影が遅い

PENTAXはファインダーを覗いて撮ることに主点を置いたカメラです。

ライブビュー撮影をするとやはり、ミラーレスやキヤノンのカメラに比べて合焦がワンテンポ遅れます。

ライブビューを多用する撮影スタイルの人にはストレスになる一因となるでしょう。

また、PENTAXのAFの弱さは昔から指摘されていて、最新レンズの少ないラインナップも相まって、他社に比べてAFが遅い印象です。

最新設計のレンズを使用すれば、ストレスを感じにくいのですが、超音波モーターを搭載していない昔のレンズを使用すると顕著です。

また、他社の同価格帯のカメラと比較してAFの測距点が少ないのも特徴で、少し動き物の撮影には弱い印象を受けます。

どのような人がPENTAXを選ぶと幸せになれるのか

動き物を撮ることは少ない

先に指摘した通り、PENTAXのAF性能は弱いです。

電車や走り回る子供を撮るのはストレスがたまるでしょう。

メーカーが自称する通り、PENTAXはフィールドカメラであり、相手にするのは大自然(風景) という方には向いていると思います。

カメラやレンズ自体も安めなので、ガンガン使い倒しても気になりにくいです。

PENTAXのカメラはすぐに値崩れするので、売っても二束三文!

 

山を登っているとPENTAXのカメラを持っている方の割合が多いことに驚く。

街ではほとんど見かけないのだが、山ではキヤノンやニコンと同じくらいPENTAXが幅を利かせています。

大体、最新機種ではなく一昔前の機種であるが、PENTAXはタフなので長い間、使い続けられるのでしょう。

そういう人たちのカメラを見ていると、ボロボロに使い込まれていることも多いです。

防湿庫で保管され、売値を気にして使い倒せない。

そういう使い方よりも、カメラにとってみれば、ずっと同じユーザーに使われて、幾星霜の山行を共にする方が幸せなんじゃないだろうかという気持ちになることもあります

私自身が割と新しいカメラに目が向きやすいので、余計にそう思います。

 

意外とポートレートに向く?

子供と違って、大人を対象とした撮影であれば、不規則な動きに悩まされることも少ないです。

PENTAXは単焦点レンズが充実しており、ボディ内手振れ補正により過去の銘玉と呼ばれるレンズも使用可能。

 

PENTAXのカメラを使用して撮影した山行記

これは、大天井岳に行った時の記録です。

PENTAX KPを使用して撮影したものなので、購入の際の検討として欲しいください。

KPのレビューはこちら

 

 

 

 

デジタルカメラカテゴリの最新記事