【乗鞍岳】初心者でもバスで3,000m級へ 畳平~剣ヶ峰までの絶景の紅葉を楽しむ

【乗鞍岳】初心者でもバスで3,000m級へ 畳平~剣ヶ峰までの絶景の紅葉を楽しむ

【乗鞍岳】バスで上れる最高地点 畳平~剣が峰までの絶景の紅葉を楽しむ

乗鞍岳について


標高3,026m

日本100名山

位ヶ原まで登って、初めて真正面に、遮るもののない乗鞍岳それ自身に接する。ここからの眺めを、私は日本で最もすぐれた山岳風景に数えている。「日本百名山」深田久弥から引用

日本100高山(日本第19位)
ルート 

畳平駐車場→剣ヶ峰→畳平駐車場

往復:2.5時間

難易度 

体力:初級 危険度:危険個所なし

乗鞍岳の歴史は古く西暦807年に田村将軍が乗鞍三座の神に祈願をし、その後、1212年に社殿が造営されたが、応仁以降は次第に荒廃したとのこと。

その後は、行者の信仰登山が興り、木食上人や円空上人も名を残している。

乗鞍岳は、北アルプスの南端に位置しており、剣ヶ峰を最高峰に、23の峰と7つの湖と8つの平原があり、多くの峰には信仰の山らしい名前が付けられている。

 

乗鞍岳は活火山である。

有史以来、爆発的な噴火は発生していないが、過去100年以内に火山活動の高まりが認められている火山として、監視観測対象の山の指定を受けている。

乗鞍岳に登るときは活火山であることを決して忘れずに登るようにした方がよい。

乗鞍岳の駐車場事情について(乗鞍観光センター)

乗鞍観光センターは200台が駐車可能な巨大な駐車場だ。

この日は、三連休の最終日9月24日だったが、直前まで雨予報だったこともあり、朝8時には7割ほどの駐車台数、帰ってきた14時には9割ほど駐車場が埋まっていた。

それでも、前日よりは大幅に空いていたという話であり、紅葉時期の連休は午前中の早い時期に来ないと駐車場が埋まってしまうことも考えられる。

バスが止まる無料駐車場は他にも数か所あり、満車の場合はそちらをあたってみるとよいかもしれない。

また、観光センターの隣には入浴施設の湯けむり館もあり、そこにも無料で駐車できる。

 

乗鞍岳の山行記録

2018年9月24日、乗鞍岳に登る。

 

観光センターから畳平行きのシャトルバスに乗る。

料金は往復2,500円だ。

午前8時の便に乗ったが、ここからの乗客はバス1.5台分。

前日は倍ほどの混雑だったそうである。

畳平までは片道50分前後。

最初は見通しのきかない樹林帯だが、高度を上げるにつれて槍・穂高連峰や乗鞍岳本体が姿を現す。

畳平までは乗鞍岳についての説明がアナウンスで流れる。

長野県側からの道路は自衛隊の訓練用として開通したそう。

乗鞍岳は2回目の登山だったが、知らなかった。

バスとかロープウェイで流れるアナウンスは、山に近づくテンションの高ぶりで大体、聞き流してしまう。

最終地点の直前には日本最高所のバス停が置かれている。

帰りのバスは寄らないそうなので、機会があったら寄ってみるとよいだろう。

畳平の駐車場は広く、常にバスが往来している。

交通規制される以前は、その標高と空気の透明度から天体観測の聖地として知られていた。

いまでは、星を撮影したい場合は宿泊するしかない。

今回は剣ヶ峰と畳平を往復した。

このコースは道も整備されており、危険個所も少ない。

何より、コースタイムが短いので、サクッと往復できるのが魅力である。

 

畳平から最高峰の剣ヶ峰山頂までは90分ほどの歩行となる。

天候が良ければ、特別な装備が必要なく登れるだろう。

すれ違う人の2~3割は普通の観光客だ。

人だかりができていたので、近づいてみると雷鳥がいた。

人の多い乗鞍岳で雷鳥を見れるとは嬉しい誤算だ。

 

肩の小屋までは整備された道を歩く。

肩の小屋までの道からは、バスで通ってきた道を一望することができる。

この時期は緑の中に黄色の色づきがアクセントとなり、夏山とは違った楽しさがある。

肩の小屋ではグッズの購入や食事をすることができる。

近くを通過したときは、そばの出汁の香りが漂ってきて、おなかが減った。

肩の小屋からは本格的な登山道に入る。

危険個所はないが、人が多いので、滑ると巻き込む可能性があるので注意が必要だ。

剣ヶ峰の直下、蚕玉岳からはハート形の権現池を望むことができる。

このあたりからは、地面の岩も焼け焦げた噴石のような石が混じるようになる。

山頂はいつも人でごった返している。

この日も、標識と写真撮影の行列ができていた。

下山して土産物店を物色。

乗鞍にはなぜか焼岳のTシャツが売られている。

そういえば、前に焼岳小屋に行ったときにボルケーノと書かれたTシャツを見つけて欲しくなったが、御嶽噴火直後で着るのは不謹慎かなと思い購入をやめたことを思い出す。

この記事を書いた2018年9月27日は、御嶽山頂への一部登山道の規制解除ということもあり、そろそろ買って着ても大丈夫だろうか。

小学生の頃の夢は火山学者か天文学者だったのでボルケーノTシャツはずっと狙っているグッズの一つである。

乗鞍登山の後は無料温泉 せせらぎの湯へ

観光センターの駐車場の近くには、知る人ぞ知る無料の温泉がある。

バス代で痛い出費を強いられた後は、無料温泉で回復するとよい。

加水無しで成分も強く、筋肉痛や疲労回復に効果があるとされており、登山後にはちょうど良い。

登山・登山道具カテゴリの最新記事