カメラ購入にキタムラ松本渚店が圧倒的におすすめな5つの理由【長野県・中信】

カメラ購入にキタムラ松本渚店が圧倒的におすすめな5つの理由【長野県・中信】

カメラ購入にカメラのキタムラ松本渚店が圧倒的におすすめな5つの理由【長野県・中信】

地方においては圧倒的な品揃え

地方の家電量販店 (○○電機みたいの)では、カメラコーナーが縮小されつつある。

やはりスマホに押され、売り上げが少ないのだろうか。

私は少し前まで、カメラを選びに行くときは新宿のヨドバシと心に決めていた。

もう、長野県内でカメラを買うことはあきらめていたのである。

 

その頃の、私のカメラキタムラは七五三で子供が撮影しに行くところか、おじいちゃんが写真を印刷しに行くところというイメージだった。

ところが、改めて訪れると意外とカメラの取り扱いが多いのである。

 

長野県の家電量販店に置かれているのはニコンやキヤノンやオリンパスの一番初心者向けの機種か、あってもオリンパスのEM10まで。

中級機以上やフルサイズ一眼レフなど置かれているはずもなく、あったとしても1機種くらいしかなく、他との比較ができない。

その点カメラのキタムラ松本店の商品ラインナップは多く、しかも実機をいじって確かめることができるのである。

 

悪いことは言わないので、長野県(中信)で初めてカメラを買うときは一度、カメラのキタムラ松本店を訪れてみてほしい。

一般的家電量販店よりも店員の知識が高い

騙している、とまでは言わないが、カメラに興味がない店員に話を聞いても、全然求める答えは返ってこない。

大型のヨドバシやビックカメラなどは詳し店員がいるのだが、地方の家電量販店は微妙…

これに感じる違和感は何だろう

一時期、Navar とかいうまとめサイトが流行ったが、あれに近い。

要するに、他人の意見やレビューを切った貼ったした意見をそのまま客に提供しているのだ。

そんな店員の売り文句を聞いてカメラを買ってしまったら悲惨である。

家電量販店で店員が寄ってきたら、「お使いのカメラは何ですか?」と聞いてみて、「そのカメラの良いところ」について聞いてみるといい。

カメラ好きな店員なら勝手に話し出すだろう。

自分でカメラを使ったことのない店員の意見など聞く必要がないし、聞いていても誰にでもウケて利益率の高い機種を売りつけられて終わりだ。

 

キタムラの店員は自分でも趣味で写真を撮っている方が多い。(全員とは言わないが)

PENTAXのカメラを買ったときは、PENTAX派の店員と意気投合し、長い間PENTAXの良さについて話すことができた。

訪れると店員の作例が飾ってあることもある。

 

どうせ相談するなら、自分でもプライベートで撮影に行く人の方が信頼できる。

 

 

中古の取り扱いは長野県で一番

カメラのキタムラは全国に店舗を持ち、中古のネットワークも巨大である。

見たい機種があれば、全国の店舗から無料で取り寄せでき、実機を見て買うか買わないか判断できる。

県内で中古を取り扱っている店は種類が少ない。

カタログの設置量が多い

カタログの設置量が多いため、メーカーの最新機種のカタログを持ち帰って比較するだけでも楽しい。

カメラのカタログはもちろんのこと、シグマやタムロンなどのレンズメーカーのほかにもマルミやケンコーなどのレンズフィルターのカタログまである。

まだ、どんなカメラを買うか決めていない人は、カタログを持って帰って悩むのも一つの楽しみである。

 

手数料なしのショッピングクレジット

カメラは高額な買い物である。

カメラのキタムラなら48回までは手数料なしの分割払いが可能である。

欲しい機種までもう一歩届かないという場合には、ショッピングクレジットを検討してみるのもいかがだろうか。

地域のフォトサークル、フォトコンテスト情報が豊富

ここら辺はなかなか、ネットの検索に引っかからなかったりする。

キタムラでは地域に応じたサークルやコンテストのチラシが設置されている。

特に地方のコンテストは倍率が低い割に1~3万程度の賞金が出たりするので、小遣い稼ぎには最適だ。

わたしは長野県のフォトコンテスト情報を片っ端からExcelにまとめ、応募可能なものには作品を送りつけるようにしている。

これで、年に数万円程度稼ぎだし、趣味に再投資する。

今まで一番高額だったものは、美ヶ原の山本小屋の宿泊券ペアチケットだ。

 

 

 

 

デジタルカメラカテゴリの最新記事