北アルプス最大級の収容人数とホスピタリティを誇る初めてでも安心な山小屋【燕山荘】(レビュー・評判)

北アルプス最大級の収容人数とホスピタリティを誇る初めてでも安心な山小屋【燕山荘】(レビュー・評判)

燕山荘について

燕山荘は標高2,763mの北アルプス燕岳山頂から徒歩30分の所に位置する山小屋です。
合戦小屋から少し登ると、景色が開け燕山荘を遠望することができます。

創設は大正10年、北アルプスでも有数の歴史を誇る山小屋です。

残雪期や年末年始も営業しており、営業時期には道標となるポールも立っており安心です。

また、燕山荘公式で冬季燕岳登頂ツアーや春山登山教室が開かれるなどサポート体制も万全です。


燕岳は花崗岩質の独特な山容をしていて、ところどころに眼鏡岩やイルカ岩などの奇岩を見ることができます。

白く気品があるその姿は「北アルプスの女王」と評されることもあり、初心者でも登りやすいことも相まって、夏には大変な賑わいを見せます。

余談ですが、燕岳のローマ字のスペルは「つばくらめ」→「つばくら」→「つばくろ」となっているので、「Mt.TSUBAKURA」が正しいようです。山バッチとかもその表記です。

また、秋にはケーキフェアも開催され、950円(ケーキ追加200円)で山小屋で心行くまでスイーツを楽しむことができます。
他にもクラシックコンサートや新そば祭り、あったか鍋サービス期間など、様々な催しがあり登山者を飽きさせることがありません。

ここまでのホスピタリティや営業努力を感じる燕山荘は全国一と言っても過言ではないのではないでしょう。

下手な下界のホテルを完全に凌駕しています。
ちなみに私も燕山荘のファンの一人です。

室内も清潔の保たれており、雑魚寝であることを除けば、山小屋であることを忘れてしまうような快適さです。

いずれにしても、山小屋の中では最高峰に快適な空間となっているので、初めて山小屋に泊まる場合でも安心して泊まることができるでしょう。(初めての場合はお盆休み等のハイシーズンは避けましょう)

山小屋泊デビューも学校登山の燕山荘で、燕岳には毎年1回以上は必ず登っているので、日帰りも含め燕山荘には数十回訪れていることになります。

ちなみに私が一番、燕山荘を気に入ってる点は昼食のカレーの種類が豊富なところです。
チキンカレー、ビーフカレー、カレーうどんと気分に応じてカレーを選べます。
カレーはどこで食べても、だれが作ってもおいしい料理ですが、山の上で食べるカレーは格別です。
燕山荘のカレーは、カレーの中でも質の高めなカレーで、カレー好きの私でも毎回大満足して帰っていきます。

長くなりましたが、燕山荘は収容人数も多く、初心者の方にもお勧めできます。
ただし、ハイシーズンは大混雑必至なので、平日を選ぶなど少し時期を外すとよいでしょう。

混雑時期にはテント場には寸分の隙間もなくテントが建てられ、午後の遅い時間にきた人がテントを建てられない様子も目にします。

混雑時のテント場

 


 

View this post on Instagram

 

燕岳クラシックコンサート 今年で34回目を迎えました。 #北アルプス #燕岳 #燕山荘 #恒例イベント #クラシックコンサート #ヴァイオリン #ビオラ#チェロ #コントラバス #スズキメソード #夏のしめくくり #笑顔 #ありがとう #演奏者皆様 #燕山荘 グループ

燕山荘グループさん(@enzanso_official)がシェアした投稿 –


山域 北アルプス南部
標高2712m
営業期間4月下旬~11月下旬 年末年始
収容人数650人
1泊2日(大人)10,500円
素泊まり(大人)7,200円
ホームページhttp://www.enzanso.co.jp/enzanso/index.html
備考フェイスブック

https://www.facebook.com/enzanso/

インスタグラム

https://www.instagram.com/enzanso_official/

※情報は掲載時・更新時現在のものになります。掲載情報によって生じた損害等については一切、負いませんので必ず、公式ホームページをご参照ください。


googlemapで口コミを見る

スマートフォンの場合は「拡大地図を表示」をクリックし、下にスワイプしてください。

 

未分類カテゴリの最新記事