【2018年】WordPressでブログを始めて1か月弱 13記事でGoogle AdSenseの審査に通った

【2018年】WordPressでブログを始めて1か月弱 13記事でGoogle AdSenseの審査に通った

WordPressでブログを始めて1か月弱 13記事でGoogle AdSenseの審査に通過

ブログをやるならWordPress!という情報が多く、せっかくブログをやるなら、ある程度投資してみようということから、WordPressでブログを始めた。

ドメインをとったり、プラグインを取得したりと初心者ながらブログを形にし、早速 Google AdSenseに申し込む。

巷では、Google AdSenseの審査に通るには30記事必要とか、ある程度のアクセス数が必要とか様々な情報があふれている。

今回の経験からGoogle AdSenseの審査情報について何が本当で何が嘘かを検証してみたいと思う。

 

 

2018年8月30日 最初の審査申し込み

この時のブログの状態

  • 9記事投稿
  • アクセス数 1日 1PV(自分だけ)
  • 文字数平均2700字

Google AdSenseについての情報は錯綜している。

「平均2000文字のブログ、50記事投稿で申し込んだが審査に4回落ちた」という知り合いの話を聞き、短期決戦を挑むことを決意

ある程度の記事数を投稿した後では、何がGoogle AdSenseのプライバシーポリシーに引っかかって落ちているのかわからず、ドツボにはまる可能性があるからだ。

実際知り合いは4回目の審査落ちの後、自分のメインブログを審査に通すことをあきらめ、10記事3000字のブログを作成したところ1回で審査に通ったそうである。

それを聞いて、9記事あれば通ると思い、早速審査に申し込む。

3日後に来た結果はこの通りだ。

サイトは審査不能

どんな指摘が来るかと思い、事前に色々なサイトで情報収集を行っていたが肩透かしを食らった。

審査の前段階で落ちているのである。

しかし、送信したブログのURLは正しい。

調べてみると大きな原因(私の心当たり)は2つあるらしい。

プレビューページが審査された

まれにあるらしい。PV数が少ない状態でプレビューページを何度も表示するとプレビューページが審査されてしまい審査不能となってしまうとのこと。

どうせ、現段階では自分しか見ていないブログなので、審査期間中は不完全な状態で公開し、プレビューではなくサイトに直接アクセスすることで対処。

公開後にパーマリンクを変更

2記事やってしまった。

審査期間中は公開後のパーマリンク変更を行わないことを進める。

2018年9月2日 2回目の審査申し込み

結論から書くと、申し込みからちょうど3日後に合格のメールが届く。

その時のブログの状態は下記のとおり。

  • 14記事投稿
  • 平均2,800字
  • アクセス 1日 1PV(自分だけ)

これを踏まえ、巷で言われる審査情報の真偽を検証したい

【ウソ】ある程度のアクセス数が必要

私のブログは自分からのアクセスしかなく、1日1PVである。

書いてて悲しくなるが、「ある程度のアクセス数が必要」という情報は嘘であることが分かった。

心配な人は、自分自身でアクセスしてPV数を稼げばよい。

【ウソ】カテゴリーは少なく、カテゴリー内の記事数は多く

私のブログは記事数が少ない割に7カテゴリーあり、そのうち4つは1つしか記事が入っていなかった。

よって、これも嘘であると考えられる。

【ウソ】画像は少ないほうがよい

写真好きを自称しているサイトなので画像の掲載は避けられなかった。

これが理由で落ちるなら、サブブログを立ち上げようと考えていた。

画像の内容は、

  • 自前の画像 91%
  • 自治体や公共機関から拝借 4%
  • フリー画像 5%

画像をメインとしているこのブログが審査に通っているので、「画像が少ないほうがよい」というのは嘘であるということがわかる。

【ウソ】外部リンクは控える

自治体や山小屋等が発する公式の情報を引用する場合は適宜、外部リンクを張っていた。

特に外部リンクについて意識することはなかった。

 

【ウソ】再審査期間は2週間あける

2回目の審査は、1回目の落選メールが来て1時間で再申請した。

私の場合の落ち方は特殊なケースかもしれないが、私と同じ落ち方をした場合はすぐ申し込んでも合格可能である。

 

【ウソ】引用をしない

思いっきり深田久弥氏の日本百名山から引用していた。ほかにも、wikiや落雷のページでは気象庁のサイトから引用を行った。

 

【ウソ】記事数は30記事以上

2回目の申請段階では13記事の状態で申請した。

 

【ウソ】審査期間中は毎日ブログを更新する

審査期間3日中、更新は1記事のみ。

逆に余計なことをして、また審査不能になったら困るので極力 ワードプレスはいじらなかった。

 

【ホント?】文字数は1,000字以上

自分の場合は書きたいことを書きなぐっていたら平均文字数が2,800字を超えていたので、この点の真偽判断はできない。

 

【ホント?】お問い合わせフォームやプライバシーポリシーの設置

申請前に事前に設置していた。ゆえに真偽の判断はできない。

 

【ホント?】他社の広告を張らない

まずは、Google AdSenseの審査に通ることを大前提としていたため、ほかのアフィリエイトには申請すらしていない。

前後比較していないために真偽の判断はできない。

この段階で広告を張っても1日1PVでは収益にならないし、Google AdSenseの審査に通過すれば他のアフィリエイトの審査には容易に通過できる可能性が高いからである。

 

最後に

以上が私がGoogle AdSenseの申請を行った際に感じた現実と巷の情報が乖離していると思う点である。

ブログのテーマや中身の文章などは個人差があるため、あくまで一つの参考としてみていただきたい。

自分より後にGoogle AdSenseに申請する方の参考になれば幸いである。

 

雑記カテゴリの最新記事